トップページ > レーザー

 レーザー

レーザーとは・・・

歯茎の色が気になり笑えない、ついつい口元を手で隠してしまう・・・ 歯茎の着色の原因としては、表層に入り込んだメラニン色素や被せた金属の材質により 深部に金属が入り込み入れ墨のように黒く変色する場合など様々です。
このような患部にレーザーを照射して治療する方法があります。

レーザー治療は痛みがほとんど無く副作用もありません、 そして殺菌効果もあるので、他にも歯周病の治療や口内炎の治療にも使われる安全な治療です。
歯茎の色素の気になる部分にレーザーを照射します、レーザー照射後2日程度はお食事の際に刺激物がしみる場合があります、 1〜2週間後に再度レーザーを照射します。色素の度合いや治療する範囲により異なりますが、短期間で効果が望めます。

    


Contents

当院の治療の特徴

INFOMATION


Copyright (C) わかば歯科クリニック 審美歯科 ホワイトニング All Rights Reserved.