トップページ > セラミック

 セラミック

メタルボンド

メタルボンド・クラウンとは、内側が金属で、その上にセラミックを焼きつけたクラウンのことです。
セラミックは何色も使う為天然歯と見分けが付かないほどの色合いを出すことが出来ます。 そして、その色合いは変わることがありません。

内側の金属には、白金加金(プレシャスメタル)を使用しております。 この金属は適合が良くて、耐久性が高く、適度な弾性があり、歯にやさしいこと、 金属アレルギーを起こしにくいなど、歯の治療用の金属として、優れた特性を持っています。

ラミネートベニア

自分の歯の表面をごく薄く削り、その部分に歯の色をしたネイルチップのような薄い歯を貼り付けます。 ネイルチップは一度つけたら外せません。材料は一般的にはセラミック(ポーセレン)などが使用されます。


メリット

  • 色だけでなく、形(すきっぱなど)も短期間で修正可能
  • ホワイトニングでの「白」よりもっと白くできる
  • 生まれつき色が濃い歯でも、短期間で白い歯になる
  • 色が元に戻ることはない
  • 削る量が少ないので痛くない、麻酔は基本的には不要

Contents

当院の治療の特徴

INFOMATION


Copyright (C) わかば歯科クリニック 審美歯科 ホワイトニング All Rights Reserved.